Project

General

Profile

機能 #146

wOCE - 機能 #144: アプリケーション用データの格納場所が入っている文字列を用意する

引数からCatalogue::resourcePathを作る

Added by Yuji Tateno 2 months ago. Updated 2 months ago.

Status:
終了
Priority:
通常
Assignee:
Start date:
02/05/2019
Due date:
02/22/2019
% Done:

100%


Description

Catalogueシングルトンクラスを用意して、Calalogue::resourcePathに--BasePathコマンドラインオプションに"resources/"を追加した文字列を格納する。

現時点ではCatalogueはresourcePathを格納するだけだが、将来的に文字列をカタログに従って変換するようになる。カタログもresourcePath内に格納されるし変換された文字列もファイル名であればresourcePath内の相対パスであることが多いのでこのようにしておく。

History

#1 Updated by Yuji Tateno 2 months ago

  • Project changed from wOCE to wOApp

#2 Updated by Yuji Tateno 2 months ago

  • Subject changed from argc[0]でResourcePathを作る to argc[0]からResourcePathを作る

#3 Updated by Yuji Tateno 2 months ago

  • Subject changed from argc[0]からResourcePathを作る to 引数からCatalogue::resourcePathを作る
  • Description updated (diff)

#4 Updated by Yuji Tateno 2 months ago

  • Project changed from wOApp to wOLIB

wODMにも必要なのでプロジェクトをwOLIBへ変更

#5 Updated by Yuji Tateno 2 months ago

wODMとwOAppではBasePathのデフォルト値が異なるのでその点を考える必要がある。

#6 Updated by Yuji Tateno 2 months ago

  • Status changed from 新規 to 終了
  • % Done changed from 0 to 100

commit:bdf4db0f081b により終了

Also available in: Atom PDF