Project

General

Profile

機能 #110

パーティクルのデモを追加

Added by Yuji Tateno 10 months ago. Updated 9 months ago.

Status:
終了
Priority:
通常
Assignee:
Start date:
11/01/2018
Due date:
11/30/2018
% Done:

100%


Description

パーティクルのデモは一度消してしまったが、再度実装する。今回の挙動は以下の通り。

  • 初期配置はランダム
  • 二つのグループがある
    • 今のところ見てくれは区別しない
    • 引力、斥力は距離の自乗に反比例で働く
  • 同一グループパーティクルとの間には斥力
  • 別グループパーティクルとの間には引力
  • 衝突なし
  • 自分に向かって微小な引力

Subtasks

機能 #112: RWMからパーティクルシステムを移植終了Yuji Tateno

機能 #113: パーティクルのデモへ修正終了Yuji Tateno

機能 #114: パーティクル情報を配列で確保するよう変更終了Yuji Tateno

機能 #115: ParticlesRiverのままのコードをデモ用に修正終了Yuji Tateno


Related issues

Related to wODM - 機能 #111: パーティクルをモジュール化する終了2018-12-012018-12-31

Associated revisions

Revision 865:c9aeaddb4b84 (diff)
Added by Yuji Tateno 9 months ago

パーティクルに必要なものを移動してビルド可能にした id #110

Revision 866:6a2d7366512c (diff)
Added by Yuji Tateno 9 months ago

ポイントスプライトを使ったパーティクルの動作を確認 id #110
※GL_POINT_DISTANCE_ATTENUATIONを使うと片目だけマトモに表示されないので外してある

Revision 867:650af97fd7c3 (diff)
Added by Yuji Tateno 9 months ago

パーティクル用の描画スロットを追加 id #110
※パーティクルの描画に問題があったのを修正

Revision 868:29c72b963576 (diff)
Added by Yuji Tateno 9 months ago

パーティクルデモ用のソースを確保 id #110

Revision 869:72315d1ac1e5 (diff)
Added by Yuji Tateno 9 months ago

GL_POINT_DISTANCE_ATTENUATIONを使えるようにDisplayListで描画するように修正 id #110 #111

Revision 870:16434c05a5a2 (diff)
Added by Yuji Tateno 9 months ago

左右別の描画スロットを用意してパーティクルとしての動作を確認できた id #110 #111

Revision 876:4cf1ebd66ee2 (diff)
Added by Yuji Tateno 9 months ago

完全に意図通りに動作するようになった id #110 #113 fin #115

History

#1 Updated by Yuji Tateno 10 months ago

  • Description updated (diff)

#2 Updated by Yuji Tateno 9 months ago

  • Related to 機能 #111: パーティクルをモジュール化する added

#3 Updated by Yuji Tateno 9 months ago

描画時期をずらしてGL_POINT_DISTANCE_ATTENUATIONを指定できるようにする。

#4 Updated by Yuji Tateno 9 months ago

どうやらGL_POINT_DISTANCE_ATTENUATIONはDisplayListの対象ではないので、指定したければ左右を個別に描画する必要がある。なので「パーティクル用」ではなく左右独立の描画スロットを用意して両方で描画する必要がある。

#5 Updated by Yuji Tateno 9 months ago

  • Status changed from 新規 to 終了

Also available in: Atom PDF